Kindle Unlimitedのデメリットとそれでも使い続ける理由。

kindle Unlimited 整理整頓
kindle Unlimited

アマゾンの月額制書籍読み放題サービスである「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」。

月額制サービスは塵積で年単位で見ると結構な金額になってしまいますが、我が家ではKindle Unlimitedは欠かせないサービスになっています。

Kindle Unlimitedは万能では無いけれど、オススメの使い方があります。

色々デメリットもありますが、それでも使い続ける理由がある。そんなKindle Unlimitedの魅力を紹介します。

Kindle Unlimitedとは?我が家の状況とサービスの特徴

我が家はKindle Unlimitedを2017年9月に契約して使い続けています。

kindle Unlimited 契約状況

Kindle Unlimitedの特徴

このサービスは月額980円(税込)で書籍、雑誌読み放題のサービス。

他社でも読み放題サービスを提供していますが、最大手のアマゾンは対象冊数がとても多く、日本ローンチ(2016年8月)時点で和書12万冊、洋書120万冊以上でした。その後も冊数は増加しています。

Kindle Unlimitedは言うなればネットの図書館

Kindle Unlimitedは同時に10冊借りることができます。サービスを継続する限りは返却期限は無し

11冊目以降を借りる際には、現在借りてる10冊から新規で借りる冊数分を返却する必要があります。

ラインナップは追加されることもあれば削除されることも。

同時に借りられる冊数に制限があったりするので図書館のような使い方ですね。

ランニングコストがかかる分、高性能ですけど。

Kindle Unlimitedは複数端末で共有できる(スマホ、タブレット、PCなど)

借りてる本は複数端末で共有できます。これによっていろいろなパターンが考えられます。

  • 出先ではスマホで、家に帰ったらタブレット
  • 小説は電子ペーパー、雑誌はタブレット
  • 子供はタブレットで漫画、大人はPCで実用書

読んでいるページ情報(しおり)も共有できるので、読みかけの本も続きから読めるので便利です。

家族で端末を共有すれば、10冊の範囲内で各自読みたい本を読むことができます。

魅力的な特徴が多数!だからこそ事前にデメリットの把握を。

このような一般的な特徴を並べると優秀なサービス!と思いますが、もちろんデメリットもあります。

デメリットをしっかり理解してからサービスを利用しないと満足度が下がり、こんなはずでは無かった、と思ってしまいます。

事前にデメリットの把握を心掛けましょう。

Kindle Unlimitedのデメリット3選

新刊はすぐには読めない

書籍の新刊は稼ぎ頭。あなたが出版社の担当なら、ピンでも売れる新刊を読み放題サービスに入れますか?

本屋で平積みされた新刊が読めるようになるのは半年掛かると思いましょう(それでも対象に含まれるかはAmazonと出版社のみが知る、ですが。)

〇〇さんの本が読みたい!という指名買いには向かない

作者名や書籍名を指定して探すとKindle Unlimitedの対象外でした、ということが多々あります。

指名して探すような本=人気がある本である可能性が高いので、新刊と同じようにピンで売られていると思いましょう。

1巻だけが対象で、続巻が無い(ことが多い)

全〇〇巻のコミック。1巻目はKindle Unlimitedで読み放題ですが2巻目以降は読み放題対象にならないかもしれません。

1巻目は呼び込みのために読み放題対象にされることも見られますが、全巻読み放題になっていないことも多いです。

そのため、漫画や小説等の続き物はKindle Unlimitedでは最後まで読めない可能性があります。

無視できないデメリット。それでも使い続ける理由は?

こうして並べると、デメリットは無視できないくらいインパクトがある内容です。

もし、このデメリットにあたる使い方を想定しているのであれば、Kindle Unlimitedではなく普通に本、電子書籍を買う方が良いでしょう。

ですが、これだけのデメリットがありながも私は利用を継続しています。それは、デメリット以上のメリットを感じているからです。

Kindle Unlimitedのメリット

本棚がシンプルに!

Unlimitedに限った話ではありませんが、電子書籍なので本棚の物理的スペースを専有しなくてすむことが大きなメリット。

部屋の整理をする際に、本の処遇をどうするかは悩みどころ。電子書籍にすれば場所の制約がなくなることがメリットの一つです。

乱読に向いている

新しい雑誌や、タイトルが気になった本を手当たり次第に読む。そんな使い方にはめっぽう強いKindle Unlimited。

特に雑誌の場合は特性上借りるスタイルのKindle Unlimitedにマッチしているためオススメの使い方の一つです。

偶然に運命的な出会いができる(かもしれない)

タイトルや表紙に惹かれて手に取った本、運命的な出会いを感じたことはありませんか?

子供の頃に本の虫だった私はそんな経験をリアル本屋でしてきましたが、kindle本の検索画面でも同じ雰囲気を感じます。

むしろ、アマゾンのビッグデータに基づくユーザー好みの提案がなされるているので、その出会いの可能性も高まるものです。

新しいことを始めるときに向いている

最大のメリット、それは、新しいことを始めるときに向いている。これこそが、私がKindle Unlimitedを続ける理由です。

例えば、

  • ブログを始めたいからブログの書き方の情報を調べたい
  • カメラを上手に取りたいので、撮影技術を知りたい
  • 自転車を新しく購入するので、どんな種類があるかを知りたい

などなど。

何かを始めたいときに、すぐにまとまった基礎情報を入手できる。わざわざ本屋に足を運ぶ間も惜しい、気持ちが前を向いているときに一歩踏み出す後押しをしてくれる。

そういう時にまとまって専門誌を数冊読めば年間のランニングコストくらい1週間で元が取れてしまいます

そのあと、より複雑で深い知識、最新の知識を習得する段階になると、Kindle Unlimitedだけでは不足するかもしれませんが、基礎情報をざっくりと得たい場合には無類の強さ。

これが私がKindle Unlimitedに感じるメリットです。

まとめ

定額サービスであるが故のデメリットを抱えているKindle Unlimited。ですが、それを補って有り余るメリットを実感しています。

  • 本棚を整理したい
  • 乱読して色々なジャンルの知識を得たい
  • 運命の一冊と出会いたい
  • 新しいことを始めたい

そんな人にオススメのサービス、それがKindle Unlimitedです。

30日間無料体験も実施中なので、新しいことを始めてみたいとき、合わせて無料体験してみてはいかがでしょうか。

ブログ村登録しました よければクリックをお願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ
Manya

生活を心地よくするため、
モノを購入するときは吟味してから購入します。
吟味したからには愛着がある、そんなモノたちを紹介しています。

Manyaをフォローする
整理整頓

関連記事

スポンサーリンク
manya@home