Amazonチャージでお得にポイントGET!

Ryzen5 5600XでMINI-ITXのパソコン作成。構成レビュー。

Ryzen5600X MINI-ITXその他
Manya笑顔2
 

Ryzen 5 5600Xでパソコン作りました。

脅威のIPC最大19%UP!のRyzen5000シリーズが発売されました。最近はおしゃれなケースも増えてきているので、机における小さいパソコンを作ろうと思い、今回の構成を考えました。

動画での紹介はこちら。

AMD Ryzen 5600X and fanless GTX1650 ITX build.AMD Ryzen 5 5600XでMini-ITXのパソコン自作。ファンレスグラボと組合わせ。

AMD Ryzen 5 5600xで画像編集用パソコンを作ろう~構成部品一覧~

今まではノートパソコンで編集作業を行っていましたが、さすがに限界を感じてきました。Ryzen5000シリーズの発売が決まったので、この機会ににパソコン自作しました。

パソコンの主な用途

  • Photoshop
  • Lightroom

Photoshopは多コアの恩恵を受けにくいソフトです。同時にグラフィックボードの影響も限定的。もちろん、上位モデルの方が高い処理性能を期待できますが、コストパフォーマンスは下がっていきますね。

また、上位モデルになると排熱の問題≒騒音の問題も出てきます。机の下に置くならそれでもいいんですが、せっかく綺麗なパソコンを作るなら、デスクトップにおいてガラスパネルをインテイリアにしたい。

そんなわけで、今回は以下の構成でパソコンを作成しました。

Ryzen 5 5600X BOX

AMD Ryzen 5 5600X With Wraith Stealth Cooler

今回の構成の主役、Ryzen5000シリーズの末っ子。税込¥39,380円

先代の3600Xに比べ、プロセスルールも7mm、6コア12スレッドと見かけは変わらずとも中身が大幅進化した5600X。CINEBENCH R20のシングルスレッドテスト(Single Core)でCore i9-10900Kを超えるスペックは目を疑いました。

Ryzen5000シリーズでは唯一TDP65Wと発熱も抑えられるため使い勝手もよく、Photoshopメインなら最適解ともいえるCPUかと思います。

もちろん、予算が許せば5800X以上にすればもちろん性能アップできますが、価格差は2万円近くします(5800Xは税込58,828円)。

目的にもよりますが、CPUを5600XにしてメモリやSSDのアップグレードに予算を割く方がシステム全体の快適性向上に繋がるかもしれませんね。

G.SKILL F4-3600C19D-32GSXWB (DDR4 PC4-28800 16GB 2枚組)

G.SKILL F4-3600C19D-32GSXWB

メモリは入手性が良く値段も手ごろなG.SKILLのSNIPER X。購入時税込14,096円。

オーバークロックするつもりはありませんが、値段差がほとんどないのでPC4-28800にしておきました。MINI-ITXだとメモリは2枚までなので、ここはケチらずに32GBにしました。

ATXなら4枚させるので16GBにして不足したら追加でも良いんですが、MINI-ITXは迷わず32GBにしておきましょう。

WD BLUE 3D NAND SN550 NVMe WDS100T2B0C (M.2 2280 1TB)

WD BLUE 3D NAND SN550 NVMe WDS100T2B0C

SSDはこれまた定番のWD BLUESN550。購入時税込12,799円。

システム用兼データ用としてひとまず1枚で運用しています。

NVMe PCI Express 3.0 x4でシーケンシャルリード2400MB/sec、シーケンシャルライド1950MB/secとSATAで使っていた過去のパソコンからは考えられないくらい早いです。

最終的にはOSとデータディスクは分けたいんですが、データ用のSSDは選定を悩んでいるため、いったん保留です。

WDBLACK SN750と悩んでいたんですが、つい先日WDBLACK SN850も出ましたしね。シーケンシャルリード7000MB/secて凄すぎる・・・

 

GIGABYTE B550I AORUS PRO AX

GIGABYTE B550I AORUS PRO AX

マザボはデュアルBIOSで有名なギガバイトのB550。購入時税込18,238円。

Ryzen5000シリーズ発売初期から対応するチップセットが500番台に限られ、MINI-ITXボードとなると、選択肢はかなり狭まります。その中で今回はGIGABYTEのB550を選択。

2.5GbE LANやWiFi6も備えているので機能も十分。USB-Cのフロントポートは対応していないので
Fractal Design Era ITXやNZXT H210などのUSB-Cフロントポートを備えているケースには不向きですね。

COOLER MASTER MasterBox NR200P (White)

COOLER MASTER MasterBox NR200P White

クーラーマスターのMINI-ITXケース。購入時税込11,980円。

ケースはずいぶん悩みました。マザーボードでも書いたFractal Design Era ITX、NZXT H210が候補でした。

 NR200PEra ITXH210
メーカーCOOLER MASTERFractal DesignNZXT
寸法376 x 185 x 292mm325 x 166 x 310 mm372 x 210 x 349mm

より小さなFractal Design Era ITXが有力候補でしたが、塗装の質に関する口コミが多く、デザイン重視のケースにしては気になり除外。

NZXT H210は机上(700mm)に置くと高すぎるて部屋が狭く見えそうなので今回は除外しました。

NR200はP有りと無しがありますが、P有りは2点が追加セット内容になります。

  • 強化ガラスサイドパネル(スチールサイドパネルと両方付属になります)
  • グラフィックボード垂直マウント用ライザーケーブル

CRYORIG H7 QUAD LUMI

CRYORIG H7 QUAD LUMI

CPUクーラーは別途購入。購入時税込8,122円。

MINI-ITXの場合、寸法制限が多く、CPUクーラーの選定は悩みどころです。運用の手軽さで空冷を選びましたが、サイドパネルとのクリアランスを考えると選択肢が狭まります。

NR200P CPUクーラークリアランス

  • 76mm (GPU垂直マウント時), 153mm (強化ガラスサイドパネル使用時), 155mm (スチールサイドパネル使用時)

強化ガラスサイドパネルを使う予定のため、選択が難しい。静粛性と冷却性を確保するため、12cmファンをつけたいのですが、有名どころの虎徹やNH-U12Aが設置できず。

 H7 QUAD LUMISCKTT-2000 (虎徹 MarkII)NH-U12A
メーカーCRYORIGScythe(サイズ)noctua
クリアランス145mm154mm158mm

CPUクーラークリアランスを考慮するとCRYORIG H7 QUAD LUMIが今回の適任でした。

Corsair SF600 CP-9020105-JP

Corsair SF600 CP-9020105-JP

余裕のある600Wにしました。CPUやGPUのグレードを上げても対応可能です。それにしてもSFX規格の電源は高いですね・・・

Palit NE5165001BG1-1170H (GeForce GTX1650 KalmX 4GB) 

Ryzen5600X MINI-ITX ファンレスGPU

動画でも紹介しましたが、今回の構成の裏の主役です。PalitのGTX1650ファンレスグラボ。購入時税込17,980円。

3Slotのグラボ設置が可能なケースですが、2~2.5SLotのグラフィックボードの真下に薄型のケースファンを設置している構成をよく見かけました。

ですが、ケースファンの真上がグラボというNR200Pであればグラフィックボードにファンは不要では?という発想でファンレスを採用しています。

ファンレスは選択肢がほぼありませんので、現状選ぶならこちらのモデルになるでしょう。

Scythe(サイズ) KAZE FLEX 120 ARGB PWM 1800rpm KF1225FD18AR-P

Scythe KAZE FLEX 120 ARGB PWM

購入時税込1,320円。

ケースファンにScytheを選んだ理由は、92mmファンでRGB対応で入手できたものがScytheだけだったためです。

NR200Pの背面ファンが92mmなので、必然的にこちらになりました。

Scythe(サイズ) KAZE FLEX 92 SLIM RGB PWM 2500rpm (KF9215FD25R-P) 

Scythe KAZE FLEX 92 SLIM RGB PWM

購入時税込1,309円。

選定理由は同上です。

AMD Ryzen 5 5600xで画像編集用パソコンを作ろう~外観編~

実際に机上に設置した状態はこちらです。

Ryzen5600X MINI-ITX

設置面積はノートパソコン並み。高さも292mmに抑えられているので、座った状態でも視界が通ることもあり、机においても圧迫感はありません。LEDも直接光が目に入らないので、アンビエントライトとして使えるくらいです。

Ryzen5600X MINI-ITX CPUクーラー

CPUクーラーはデザインもよく、見た目があまり華やかにならないサイドフローにしては珍しく、LEDで光るロゴ入りのトップパネルが落ち着いた印象です。

CRYORIG H7 QUAD LUMI付属のファンは白色LEDのファンなのでケースファンに合わせScythe KAZE FLEX 120 ARGB PWM 1800rpmに変更しました。

Ryzen5600X MINI-ITX ファンレスGPU

ファンレスGPUのPalit GeForce GTX1650 KalmX 4GB。2スロットサイズで、真下にケースファンが来ます。

Ryzen5600X MINI-ITX ファンレスGPU ケースファンクリアランス

ケースファンとのクリアランスは約8mm。この状態でGPU負荷をかけても温度は43℃で安定しています。狙い通りでした。

AMD Ryzen 5 5600xで画像編集用パソコンを作ろう~騒音編~

机上に置くと気になるのは騒音。騒音計は持っていないため感覚的な表現になりますが、回転数を抑えていることもあり、静かに使えています。

実際の音は動画に収録しています(3分21秒以降~以下リンクより)。

AMD Ryzen 5600X and fanless GTX1650 ITX build.AMD Ryzen 5 5600XでMini-ITXのパソコン自作。ファンレスグラボと組合わせ。

GIGABYTEのマザーボードで使える純正のSystem Information Viewerでファン回転数の制御が可能。

SIV_Fan_setting

Quiet設定(詳細設定はさらに変更可能ですが)で運用していると、アイドル中は800rpm程度で運用可能です。

ブログ執筆、画像編集、Youtube再生くらいなら同時再生しても回転数は上がらずに使えます。冷却能力は十分ですね。

Ryzen5600X MINI-ITX ケースファン構成

ファンの位置と風向きです。

底面から120mm2基で吸気。排気はリアに92mm。サイドフローのCPUクーラーからの熱をそのまま排気するため。トップは後ろ側に1基排気ファンをつけています。

Ryzen5600X MINI-ITX トップファン構成

NR200Pトップパネル裏側

ここにファンをつけてしまうと、ボトム吸気前側からの空気がそのまま流れてしまうためです。このセッティングで負荷をかけた時ののCPU、GPU温度推移がこちら。

CPU、GPU 負荷時温度推移

CPUで70℃、GPU43℃で安定しました。熱暴走の心配はなさそうです。

性能重視、ゲームをやるならTSUKUMOのBTOミニPCも良い感じです!(WQHDモニタもいける!)

11/13に追加された新モデル、G-GEAR mini GI5A-B204/TはMINI-ITXでゲーミング向けのバランスが取れた構成でした。

AMD Ryzen™ 5 5600XでグラボにNVIDIA® GeForce RTX™ 2060のMINI-ITXで税込 159,800円。奇しくも今回自作PCをほとんど同じ予算で組み立てましたが、改めてこのBTOの構成をみると結構お得な感じです。

manya@homeの自作MINI-ITXと構成比較しました。

モデルmanya@home自作G-GEAR mini GI5A-B204/T
ブランドmanya@homeeX.computer
価格159,782円159,800円
CPUAMD Ryzen™ 5 5600X
CPUクーラーCRYORIG H7 QUAD LUMI

記載なし(おそらく純正)

GPUGeForce GTX™ 1650(ファンレス)GeForce RTX™ 2060
マザーボードGIGABYTE B550I AORUS PRO AXASUS ROG STRIX B550-I GAMING
メインメモリ32GB DDR4 SDRAM16GB DDR4 SDRAM
ストレージWD BLUE SN550 1TB SSDWD BLUE SN550 500GB SSD
電源Corsair SF600 600W CWT製 GPK650S 700W
ケースファン120mm×3、92mm×190mm×1
寸法376 x 185 x 292mm390x183x300mm
OSWindows 10 Home

金額やケースサイズは狙ったかのようにほぼ同じです。メモリやストレージ、静音装備(クーラーやファン)の代わりにGPUをGeForce RTX™ 2060にグレードアップした感じですね。

ゲームをやるならこういった構成のPCの方が好まれるんだろうなぁ。

WQHDでゲームをやるならGeForce RTX™ 2060は欲しいところ。TSUKUMOのコンパクトゲームPCは、うまく値段を抑えて実用的なゲーミングパソコンに仕上がってますね!

G-GEAR mini GI5A-B204/T

まとめ

Ryzen5600X MINI-ITX

小さいパソコン、静かな構成でも十分な性能のパソコンが組めました。

新CPUが出たばかりだとグラボもハイエンド構成の制作レビューが多いですが、ゲームをやるわけでなければこのくらいでも実用的に使えますね。

ブログ村登録しました よければクリックをお願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ
Manya

生活を心地よくするため、
モノを購入するときは吟味してから購入します。
吟味したからには愛着がある、そんなモノたちを紹介しています。

Manyaをフォローする
その他
スポンサーリンク
manya@home
タイトルとURLをコピーしました