スマホゲームのお伴に。スリコのハンドルグリップで快適操作♪

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 内容 雑貨
スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 内容

隙間時間にちょっとゲームで一休み。そんなとき、スマホでゲームされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どうせゲームするならしっかり環境を揃えたい!

3COINSの「スマートフォンハンドルグリップ」を使うことで、快適度がアップ!隙間時間をより楽しめるので紹介します。

スマホでゲーム、やりますか?

子供時代を格闘ゲーム全盛期に過ごしたこともあり、ゲーム=格ゲーの刷り込みをされて育ってきました。

そのせいか、スマホのいわゆるポチポチゲーは興味無く、格ゲーやアクションゲームばかりに食指が動きます。

スマホ横持ちゲームは操作性に難あり

スマホでも数は少ないものの格ゲーやアクションゲームもあります。しかし、やってみてどうしても気になるのが操作性。

スマホの横持ちゲームがやりにくい!

格ゲーやアクションゲームは横画面のものが主流。スマホを指で支えながら親指で操作するので、指が疲れるのが難点。

やっぱり専用のゲーム機じゃないとダメなのかと思っていたところ、スリコでスマホを横持ちゲーム機に対応できるグリップを見つけたので早速購入してみました。

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」

スリーコインズで見つけたスマートフォンハンドルグリップはまさに横持ちゲームゲームをやる人向けのグリップです。

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」

同梱品は本体とジョイスティック。

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 内容

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 内容

スマホのインストールはハンドルグリップを横に引っ張り挟み込みます。

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 スマホインストール

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 スマホインストール

スマホを装着すると、プレステのコントローラのような見た目に。

グリップがあるのでホールド感もゲーム機のコントローラに近くなり、持ちやすさはスマホ単独とは雲泥の差!

付属のジョイスティックの操作性はイマイチだったので、あえて仕様せずに仮想ジョイスティックのままで使っています。

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 スタンド

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 スタンド

スタンド機能も(一応)あります。スタンド自体は操作がやりづらく力をこめるとすぐに割れてしまいそうなヒンジになっているので、オマケくらいに思っている方が良いかもしれません。

スマートフォンハンドルグリップの重量と寸法

重量は実測で59g。

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 重量

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 重量

スマホ装着済でも235gのため、ゲーム機のコントローラと同じような重量感になります。
(スマホはZeonfone5z 176g)

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 重量(スマホ込)

スリーコインズ「スマートフォンハンドルグリップ」 重量(スマホ込)

ゲームコントローラ重量と寸法を比較しました。

 3COINS「スマートフォンハンドルグリップ」+スマホ ASUS「Zenfone 5z」

ニンテンドー

Switch Pro コントローラ

ソニー
ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)
重量約235g約246g約210g
寸法(縦×横×厚さ)

115mm×165mm
×40mm

106mm×152mm
×60mm
100mm ×161mm
×57mm

※3COINS「スマートフォンハンドルグリップ」+スマホ ASUS「Zenfone 5z」は実測による
※ニンテンドーSwitch Pro コントローラ、ソニー ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)はカタログスペック

6インチクラスのスマホですと重量だけでなく寸法、特に横幅のサイズ感もコントローラに近いですね。

慣れ親しんだコントローラ並みに持ちやすさアップ!

この重量&寸法感のおかげで、操作性がかなり良好になりました。

「スマートフォンハンドルグリップ」のデメリット

ハンドルグリップのデメリットとその対策を紹介します。

液晶保護フィルムとの相性

スマホを左右から挟み込む形でホールドするグリップのため、左右の爪が液晶保護フィルムと干渉することがあります。

スマートフォンハンドルグリップ 爪による保護フィルム浮き

スマートフォンハンドルグリップ 爪による保護フィルム浮き

このままでは使い勝手が悪化するので、対策としてハンドルグリップの爪形状の加工をしました。

スマートフォンハンドルグリップ 爪の追加工

スマートフォンハンドルグリップ 爪の追加工

ハンドルグリップを分解し、爪部分を現物合わせで削り込みました。

爪の追加工をすることで、フィルムの干渉が無くなり、スマホの脱着に気を使う必要がなくなりました。

ケース脱着の手間

スマホですが、実はこのグリップハンドル購入直前に買い替えました。

タイミング良くこのケースを発見したので、ゲームもしやすいスマホを目指すべく普段使いのケースも一工夫。

私の場合、保護力の高い手帳型は必須条件にしています。

今回は、加えてもう一条件追加。

それは「インナーケースがTPUであること」でした。

こちらのケースはお手頃価格でインナーケースTPUの手帳型です。

手帳型ケース ベルトなし

手帳型ケース ベルトなし

透明TPUで強度も確保。マグネットベルトが無いタイプなのでカバー開閉も一手間削減。

手帳型ケース ベルトなし 装着状態

手帳型ケース ベルトなし 装着状態

硬いポリカーボネート性のケースの場合、何度も付け外しをすると塑性変形による破損が心配になりますが、柔らかいTPUなら気にせず脱着できます。

 

爪の加工と合わせて、脱着しやすいケースを選定することで、ハンドルグリップをより使いやすくすることが出来ました。

まとめ

以前はスマホでゲームなんて・・・と思っていましたが、グリップを付けるだけで操作性が思いのほか向上して驚きました。

仮想ジョイスティックの分操作性は一味落ちるものの、十分遊べるレベルになりました。

アクションゲームが好きな人、格闘ゲームが好きな人にはオススメなギアです♪

 

スイッチにはクラコンもオススメ。

Switchと一緒に買った周辺機器5選!その2
前回の記事でswitchを快適に遊ぶために揃えた周辺機器5選のうち、3選を公開しました。 1記事でまとめるつもりでしたが、文字数も多くなり過ぎたため2回に分割、後半の2選を紹介します。 快適なスマブラ生活のために必要...