Amazonチャージでお得にポイントGET!

【クリスタ】スマホの次はiPad miniかiPad無印か。どちらがオススメ?

ipanmini比較アイキャッチ画像お絵描き

スマホより大きな画面でお絵描きがしたい。
あまりお金を掛けたくないのでiPad(無印)かiPad miniで悩んでいる…
クリスタやるにはどっちがオススメ?

スマホ(iPhone)でお絵描きしているけど、大きい画面を導入したい。そんな時に手頃な値段で導入できるiPad(無印)かiPad miniで悩まれる方も多いです。

manya@homeでも同じように悩んで、iPad mini(第5世代)を導入しました。

そこでこの記事では、iPhoneから初めてiPadへの乗り換えを考えているような初心者向けに、お絵描き向けの視点からiPad(無印)とiPad miniの選び方を解説します。

この記事を読めば、iPad(無印)、iPad miniのどちらが自分に適しているかが分かります。

ペイントツールのスタンダード【CLIP STUDIO PAINT PRO】

スマホからのステップアップにオススメ!iPad(無印)&iPad miniの選び方

ipad mini クリスタ

お絵描き用にできればパソコンやiPad Proを導入したい、でも趣味で描いてるからそこまで本格的な機材を導入するのは気が引ける・・・そんなときに気になる機種がリーズナブルなiPad(無印)とiPad miniです。

どちらもステップアップにオススメですが、それぞれのメリットデメリットを考えると結論はこうです。

本記事の内容

  • お絵描き用メインマシンとして使うならiPad(無印)がオススメ!
  • パソコンやiPad Proのサブとして使うならiPad miniがオススメ!

スマホからステップアップしてメイン機にするなら、画面サイズの大きいiPad(無印)です。iPad miniに方が優れている点もありますが、大きい画面の描きやすさは、他の欠点を補って余りあるメリットです。

対して、ゆくゆくはパソコンやiPad Proなどの大型の機材を導入するのであれば、iPad miniがオススメです。

私は最終的にパソコンも導入したのでiPad miniで正解でした。

モバイル性と小さめなスケブサイズのiPad miniは出先でスケッチするにもオススメな機材ですよ。

iPad(無印)とiPad mini の違い(お絵描き視点)

iPad(無印)とiPad miniの機能一覧から、お絵描き向けとしてのポイントをピックアップしました。

iPad(無印)とiPad mini 性能比較(お絵描き機能抜粋)

 iPad(第8世代)iPad mini(第5世代)
 
画面サイズ10.2インチ7.9インチ
CPU(SoC)A12 Bionic
メモリ3GB
価格32GB 38,280円(税込)
64GB –
128GB 49,280円(税込)
256GB –
32GB –
64GB 50,380円(税込)
128GB –
256GB 69,080円(税込)
Apple Pencil第一世代に対応
ディスプレイRetinaディスプレイ
2,160×1,620ピクセル


Retinaディスプレイ
2,160×1,620ピクセル
フルラミネーションディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
バッテリーWi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
コネクタLightning

基本性能は似通っている。性能以外の面で選ぼう。

iPad(無印)とiPad miniは、基本的なスペックが近く価格だけでなく性能でも良いライバル。CPU(Soc)やメモリの世代、容量は同じで、コネクタ形状もどちらもLightning。

Apple Pencilもどちらも第一世代対応と差がありません。

そのため、スペック以外のところでどちらを選ぶか決めていきましょう

価格面はiPad(無印)が有利

値段重視ならiPad(無印)!

単純な価格で言うと、iPad(無印)の方が12,100~20,000円安く入手できます。

iPad(無印)とiPad mini 最安構成価格比較

 iPad(第8世代)iPad mini(第5世代)
iPad32GB 38,280円(税込)64GB 50,380円(税込)
ApplePencil(第一世代)11,880円(税込)
フィルム約2,000円約2,000円

意外と高いApplePencil含めて5万円台で揃ってしまうコスパはiPad(無印)ならでは。とにかく安く、大きな画面でクリスタを使いたいならiPad(無印)がオススメ。

そうはいっても32GBだと容量不足が気になる、そんな場合はまずはCLIP STUDIOのクラウドサービス10GBを使いましょう。それでも足りない場合はiCloudの追加ストレージもありますよ。

画面サイズは大きさ優先?モバイル優先?

ここが決め手!ライフスタイルに合わせた画面サイズを選ぼう!

iPadを持ち歩いて使うかどうか。これによってiPad(無印)とiPad miniどちらを選ぶか決めてしまっても良いです。

  • 出先ではスマホで描くから大きい画面が欲しい⇒iPad(無印)
  • お絵描きマシンをiPadに統一したい⇒iPad mini

結論として持ち歩かないならiPad(無印)の方が良いでしょう。画面が大きいと描きやすいです。持ち歩きを考えているならiPad miniの方が良いですけどね。

関連記事≫ フロンティアのBTOパソコンは安くておすすめ。購入レビュー!【Ryzen5800X】

iPad Proやパソコンの導入も考えている場合、導入後はiPad(無印)の使い道はあまり無くなってしまいます。iPad miniなら機動力を生かして両方使っていけますよ。

ディスプレイの機能面はiPad mini。画面の視差が少ない。

ディスプレイの性能はiPad miniが高いです。

絵を描く上で特に気になるポイントはiPad miniはフルラミネーションディスプレイである点。

ipad画面比較

フルラミネーションディスプレイと普通のディスプレイの比較

画面を斜めから除くと、iPad miniは黒いフチの部分の厚みが薄いです。液晶ディスプレイと表面のカバーガラスが密着(積層)しているため(≒フルラミネート)です。

フルラミ説明資料

画面との隙間が狭くなるので、表面のタッチポイントと液晶ディスプレイの表示ポイントが近くなるため、ペンと画像の位置のズレが小さくなります(画面の視差が小さくなる)。

じゃあiPad(無印)だとズレが大きくて絵が描けないか?というとそんなことも無いです。Wacomの液タブもフルラミネーションディスプレイは上位モデルのProのみ

cintiq 22hd

manya@homeでメインで使ってるcintiq 22hdもフルラミではありません。

フルラミじゃなくても慣れればこんなもんか~、で描けるようになります

フルラミネーションディスプレイであるかどうかは絶対条件ではありませんが、できればフルラミだと嬉しい、くらいで考えていても良いと思います。

どうしても視差が気になるのであれば店頭で試してみて下さいね。

広色域ディスプレイ(P3)、True Toneは一長一短

その他のiPad miniの機能として、”広色域ディスプレイ(P3)”、”True Tone”があります。これらの機能は、ことお絵描き向けとしては一長一短なので、この機能の有り無しはお絵描き機材を選ぶ基準にする必要はありません。

広色域ディスプレイ(P3)はsRGBよりも広い色域を表示できる機能。より鮮やかな色を表現できますが、見る側が広色域ディスプレイ(P3)で無いと再現しきれません。Apple製品ですら一部しか採用されていないです。

ウェブの場合、色再現性は妥協する必要がありますからね・・・

True Toneは周辺環境色に合わせて色味を自動補正してくれる機能。白熱電球の下でも蛍光灯の下でも同じ色になるようにディスプレイの色味が自動調整されます。

True Toneは見る側からすると便利ですが、絵描きにとってはむしろ邪魔。色が狙った色にならない可能性がありますので、お絵描き、クリスタ目的なら取り立てて欲しい機能ではありません。

True ToneはiPadの設定からOFFにすることが出来ます(デフォルトはON)。

まとめ

iPad(無印)良いところ微妙なところリスト

  • 持ち運びに向いていない
  • フルラミネーションディスプレイでは無い(視差が大きい)
  • 安い
  • 画面サイズが大きい

iPadは高コスパ機の2機種の中でも一段価格が安いところがいいですね。画面サイズも10.2インチとA4サイズ並みに大きくなるのでステップアップで導入するメイン機としてオススメです。

反面、サイズは大きいので、お絵描きをスマホから完全に乗り換えてiPad一本に絞りたい、出先でもお絵描きをしたい、そういう人にはあまりオススメできません。

iPad mini 良いところ微妙なところリスト

  • B5よりも小さい画面サイズ
  • iPad(無印)よりも12,100~20,000円高い
  • ハンドバックにも入るサイズで持ち運びやすい
  • フルラミネーションディスプレイで視差が小さい

iPad miniは名前の通りiPadとしてはminiサイズなところがメリットでもありデメリットでもあります。大きな画面サイズで描きたい!という要望には十分答えられない可能性があります。

とはいえ、この画面サイズはモバイル性に関しては大きなメリット。持ち歩きいて使いたいならiPad miniの機動力は武器ですよ。

また、更に大きなiPad Proやパソコンを導入することも検討しているのであれば、iPad miniはその機動性で共存が出来ます。

どちらがオススメを教えて、と言われたらiPad(無印)をオススメします

それぞれメリットデメリットがありますが、スマホからの乗り換えで考えると画面の大きなiPad(無印)がより満足度が高いですよ!

ペイントツールのスタンダード【CLIP STUDIO PAINT PRO】

タイトルとURLをコピーしました