シックな室内物干し発見。カインズ「パタランミニブラック」!

カインズホーム「アルミ折りたたみランドリーラック パタランミニ ブラック」 洗面所

先日カインズホームにて購入してきた室内物干し「アルミ折りたたみランドリーラック パタラン」。

室内物干し購入!軽量で簡単収納のカインズホーム「パタラン」。
室内物干しにかかる時間を短くするため、移動式の室内物干しを導入します。絞り込んだ3製品と比較した結果選んだカインズホーム「パタラン」について、使い勝手を紹介します。

パタランを購入して以来、気になるホームセンターとしてチェックしているカインズホームですが、

メーカー11社とコラボ、カインズだけのオリジナルデザイン商品を販売する企画展「カインズデザイン展 vol.2」がカインズ約100店舗の店頭にて、10月27日(土)〜11月12日(月)にて実施されるそうです。

その特設サイトを何気なく見ていたら・・・見つけました。

その名も「アルミ折りたたみランドリーラック パタランミニ ブラック」。

カインズホーム「アルミ折りたたみランドリーラック パタランミニ ブラック」

出典:カインズホーム公式オンラインショップ

最近設定されたカラーなのでしょうか?室内物干しで黒デザインのものは珍しいですね。

気になったので調べてみました。

室内物干しパタラン、パタランミニ比較

室内物干しのパタランはサイズはレギュラーとミニの2種類展開です。このうち、ミニだけブラックの設定がります(2018/10/23現在)。

サイズレギュラーミニ
ホワイトホワイト/ブラック
寸法(使用時)幅1,100×奥行き490×高さ1,530mm幅800×奥行454×高さ1530mm
寸法(収納時)幅110×奥行き490×高さ1,530mm幅100×奥行454×高さ1530mm
耐荷重(全体)20kg12kg
本体重量3kg2.5kg

レギュラーとミニで寸法を比べると、高さは変わらず。上段はハンガーで干して、下段でタオル類を干す2段式の使い勝手はミニサイズにも継承されていることが分かります。

幅は純粋に狭くなっており、タオルハンガー部分が10枚干しから8枚干しにサイズダウン。よほどの大家族でもなければ、タオルを10枚も一度に干すことは少ないと思われるので、ここもそう問題にならなそう。

奥行が454mmなのは、ちょっと気になるポイント。

カインズホーム アルミ折りたたみランドリーラック パタラン バスタオル50×100cm

パタラン タオルハンガー部 バスタオル(50×100cm)サイズ感

レギュラーサイズのパタランであれば、ミニバスタオルサイズ(50×100cm)はタオルハンガーにぎりぎり干せました。

パタランミニですと、奥行が46mm短くなっているため、バスタオルをタオルハンガー部に干すことは難しいでしょう。

上段物干し部の横幅も800mmなので、物干し竿一本に2枚干すことも難しいです。

カインズホーム パタラン

カインズホーム パタラン物干し竿にミニバスタオル2枚干し

レギュラーサイズの物干し竿にミニバスタオル(50×100cm)を干した状態ですが、レギュラーサイズの横幅でも2枚が限界。

バスタオルを2枚以上使う場合は、バスタオルハンガーの併用が必要になりますね。

折りたたみ方法はレギュラーサイズと同様の中折れ式。元の奥行454mmにならって収納時の奥行も狭くて済むので、収納場所に合わせてミニを選択することもありですね。

カインズホーム「アルミ折りたたみランドリーラック パタランミニ ブラック」折りたたみ状態

カインズホーム「パタランミニ ブラック」折りたたみ状態

パタランミニブラックがオススメなのは。

記事執筆時点では、カインズホーム「パタラン」へのブラック設定はミニサイズ限定。

レギュラーとミニの寸法の違いは横幅だけでなく、奥行きも違うことがポイントになります。ミニの場合は、下段タオルハンガーへのバスタオル干しがまず出来ません。

ブラックが欲しいけどサイズはミニでも大丈夫かな?と思ったときには、バスタオルのサイズと枚数でおおよそ見当を付けられます。

  • 一人暮らし  ・・・十分な収容力。問題無し。
  • 二人暮らし  ・・・バスタオルハンガー併用であれば大丈夫そう。
  • 三人暮らし以上・・・バスタオルハンガー併用でも厳しそう。

レギュラーサイズのブラックもラインナップされること、期待しています!