Amazonチャージでお得にポイントGET!

JBLのBluetoothスピーカー「FLIP5」と「Charge4」。どっちを買うべき?FLIP5がオススメ!【理由は角度】

JBL「FLIP5」「Charge4」スピーカー

JBLのBluetoothスピーカー「FLIP5」と「Charge4」。お家用に欲しいけどどっちを買う方が良いかな?

そんな疑問に答えます。

Bluetoothスピーカーのボリュームゾーンに投入されているJBLの「FLIP5」と「Charge4」。似ているところもあるこの2機種、どちらを選べばいいのか悩みませんか?

  • 「FLIP5」と「Charge4」はサイズが違うだけ?
  • 大きい方が音が良さそうだけど?

毎日Bluetoothスピーカーで音楽やAudibleを聴いているManyaの結論は。

FLIP5がオススメ!サイズが一回り小さくても良い音&スピーカーユニット角度が実用的

≫ JBL FLIP5 Bluetoothスピーカー

Bluetoothスピーカーのオススメメーカー【JBL】

JBL「FLIP5」「Charge4」サイズ比較

安いものだと5000円以下で購入できるBluetoothスピーカーですが、あまりにも安い機種ですと音楽を楽しむにはちょっと不向き。

1万円前後~2万円クラスになってくると音楽を楽しめるオーディオ機器と呼べるくらいの音質になってきます。

この価格帯でJBLがラインナップに上げている機種が「FLIP5」と「Charge4」。

音響メーカーであるJBLがブラッシュアップを重ねてきたこれら2機種はどちらも甲乙つけがたい魅力があります。

≫ JBL CHARGE4 Bluetoothスピーカー

≫ JBL FLIP5 Bluetoothスピーカー

「FLIP5」と「Charge4」の比較

「FLIP5」と「Charge4」の比較一覧表

 JBL FLIP5JBL Charge4
カラー全6色 (ブラック、ブルー、レッド、ティール、ホワイト、スクワッド)
防水性能IPX7
スピーカーモノラル
Bluetoothバージョン4.2
スピーカー構成44 x 80mm 楕円形ドライバー×1、パッシブラジエーター×250 x 90mm 楕円形ドライバー×1、パッシブラジエーター×2
周波数特性65Hz – 20kHz60Hz – 20kHz
サイズ(H×W×D)74×181×69(mm)93 x 220 x 95mm
重量約540g約965g
バッテリー容量 (mAh)4800mAh7500mAh
連続使用時間12時間20時間
充電時間2.5時間(5V/3A時)4時間(5V/2.3A時)
出力20W30W
充電用USBポートUSB-C(防水端子)USB-C
給電用USBポートUSB-A
3.5 mm オーディオ入力
オートパワーオフ
ハンズフリー通話
ボイスアシスタント
フリップカバー

複数台接続規格

PartyBoostJBLコネクト+
マルチペアリング2台
JBLオンラインストア販売価格9,880円(税抜)14,880円(税抜)

「Charge4」はサイズアップに見合った豪華さがある

Charge4はサイズが大きくなる(モバイル性が悪くなる)ことに目をつぶれば、スペックシートで比較するとメリットが大きいです。

低音域の周波数帯域が60Hz – 20kHzと5Hz拡張されています。外寸が大きくなることに合わせて、ドライバーサイズ&パッシブラジエーターサイズも拡大しています。

JBL「FLIP5」「Charge4」サイズ比較 側面

それ以外にも、バッテリー容量増加&リバースチャージ機能、AUX端子など拡張性が増える方向で機能アップしています。

これだけ機能が追加されるので、サイズが大きくなることさえ許容できればCharge4が魅力的に感じます。

対してFLIP5は小さく、単機能化することで差別化。中でも特徴的なところはフリップカバー無しで運用できる防水機能付きのUSB-C充電端子

JBL FLIP5 USB-C端子 防水仕様

JBL FLIP5のUSB-C端子(フリップカバー無)

一日1時間使っても1週間は余裕で持つバッテリーライフですが、充電の煩わしさが排除できるのは地味ですが高評価ポイント。実際に使ってるととても便利ですよ。

Anker、Ultimate Ears、SONYと他社はフリップカバーで防水対応をしているところ、独自路線の防水USB-C端子は魅力ですね。

「FLIP5」と「Charge4」の音質の違いは?

JBL「FLIP5」「Charge4」サイズ比較 天面

一回り大きいCharge4は低音に余裕がありますが、いわゆるドンシャリではありません。むしろ中高音域が際立つセッティングでFLIP5より明瞭感が高いです。

FLIP5も音は綺麗ですが、明瞭感で言えばChage4に一味劣ります。音の分離が若干苦手ですね。その代わり全体的にボリューム感があるので、Charge4よりも雰囲気で聴かせるスピーカーです。

とはいえ、音の傾向は似ており、サイズ、値段の違いがあることを考えれば、隠し味程度の差しかないです。

「更に音を良くしたい」が目的ならCharge4を買うよりもFLIP5を2台購入してステレオ再生がオススメ!

お家用のオススメは「FLIP5」。一番の理由はドライバーユニットの角度。

スペックシートからは分からない、実際に使って比較したメリットデメリットはこれです。

「FLIP5」のオススメポイント

メリットはドライバーユニットの角度。机上の設置すると、斜め上方にユニットが向きます。

赤いJBLロゴの方向が音の出る向き。写真で見るとCharge4の真正面に音が出るのに比べて斜め上方向を向いていることが分かります。

  • テーブル上に設置して音楽を聴く(座りながら鑑賞)
  • カウンターの上に設置して料理中に音楽を聴く(立ちながら鑑賞)

こういった用途だと斜め上方に角度がついているFLIP5の方が音の定位を合わせやすく良い音で音楽を聴けます。

「Charge4」のオススメポイント

押しやすいボタン配置は結構使い勝手が良いです。

JBL CHARGE4 天面操作系説明1

音量ボタンはこまめに調整する人ならともかく、一度設定するとそんなにいじらないかもしれません。

ですが、電源ボタンは使用を開始するにあたって絶対1回は押します。この電源ボタンが天面にあり、左右の音量ボタンとも差別化されているデザインは地味なポイントですが使い勝手が良いです。

結局どちらを選べばいいの?⇒「FLIP5」。スピーカーユニット角度付けがお家用にマッチ!【結論】

普段、どんな時にお家用としてBluetoothスピーカーを使いますか?料理中?パソコン作業中?それともリビングで寛ぐ時ですか?

そんな時、どこにスピーカーを置いた場所を想像してみて下さい。

目線の高さ(≒耳の高さ)にスピーカーを設置しますか?

机の上で使うとなると、目線の位置よりも低いですよね。

料理をするときは立っている時間の方が長いと思いますが、スピーカーを置くカウンターやカップボードは目線の位置よりも低くありませんか?

JBL FLIP5 リビング使い

この角度付けはスペックシートで表せないものの、ManyaオススメのFLIP5の訴求ポイント。持ち運んでどこにでもリスニング環境を作れるBluetoothスピーカーの特性ととても相性が良いですよ。

まとめ

JBLの「FLIP5」と「Charge4」は両方ともオススメできる機種です。

どちらが良いか悩んだら、使うシチュエーションとその時に置く位置を考えてみてください。

  • 目線の位置にスピーカーを置く予定⇒Chage4
  • 目線よりも低い位置にスピーカーを置く予定⇒FLIP5

お家で使う場合は、目線よりも低い位置に置くことが多いと思います。そのため、FLIP5をオススメします!

≫ JBL FLIP5 Bluetoothスピーカー

【アイコン用】Bluetoothスピーカーまとめ記事用タイトル画像

Amazonでポイントをお得にゲットする方法!【チャージタイプ】

アマゾンのクレカならポイントが溜まるけど別のカードを使ってるんだよね・・・

私は現金派なのよね・・・

Amazonで買い物するならポイント還元はもちろん Amazon Mastercardがオトク!ですが、クレジットカードを作らなくてもお得に買い物できること知っていますか?

現金派の方や他社クレカをメインで使っているなら、Amazonギフト券(チャージタイプ)がオススメですよ。

Amazonギフト券-チャージ比率

  • Amazonギフト券はチャージタイプを選択しよう
  • コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージしよう
  • 有効期限は10年あります
  • クレジットカードでしか買えない商品も買えるように(デジタルコンテンツなど)!

90,000円以上のチャージなら2.5%(通常会員なら2.0%)のポイント還元!

プライム会員なら使わない手は無いですね!

Amazonギフト券-チャージ

タイトルとURLをコピーしました