ケユカの観音開きゴミ箱ならペダル式でも食器棚収納できました!

KEYUCA(ケユカ) arrots ダストボックス 開口時 整理整頓

キッチン用のゴミ箱にペダル式のゴミ箱を使うメリットは4つあります。

  1. ゴミ箱に触れないので衛生的
  2. 両手が塞がっても開けられる
  3. 1アクションゴミ捨て=時短
    (足でフタ開け、手で捨てる)
  4. フタが大きく開き、ゴミが入れやすい

一方で、おしゃれなキッチンを目指すならゴミ箱は収納して隠しておきたいもの。食器棚のオープンキャビネットやシンク下に収納したい場合、ペダル式だと入らない問題がありました。

ペダル式の欠点はゴミ箱上にスペースが必要なこと。
フタが跳ねあがる作りのため、フタ高さ分のスペースが必要になるのは仕方ありません。

ペダル式のゴミ箱を使いたい。
でも、食器棚に収納したい。

そんな、わがままな願いが叶うゴミ箱がありました。
KAYUCAの「arrots ダストボックス」なら、ペダル式なのに収納できたので紹介します。

食器棚収納はペダル式と相性が悪い?その解決策は両開きにあり。

ペダル式ゴミ箱のデメリットは開口時のフタ高さにあり

ペダル式のメリットはフタが大きく開きゴミが入れやすいことがメリットですが、食器棚収納を考えるとそれがデメリットになります。

ペダル式ゴミ箱のデメリット

ペダル式ゴミ箱のデメリット

食器棚の下に収納しながら、フタが大きく開くと食器棚にぶつかってしまいます。
こうならないためには、フタの奥行分のスペースはゴミ箱高さを低くするほかありません。
奥行を有効に使わないとゴミ箱容量が足りず現実的な選択にはなりません。

観音開きならペダル式でも食器棚収納が可能に!?

keyuca「arrots ダストボックス」のゴミ箱はフタが観音開きになります。

KEYUCA(ケユカ) arrots ダストボックス 観音開き

ペダル式なので手もフリーです。

フタが観音開きなので、フタ開口時の高さが低く抑えることができます。

フタ開口に必要な高さは横幅の更に半分(100mm)だけ。
開き方が変わったことで、ゴミ箱として実用的な容量をが確保(27L)されています。

食器棚下にすっきりと収納したい。でも、ペダル式を使いたい!という贅沢な悩みが解決出来ました。

シンプルでおしゃれ。keyucaのゴミ箱

実用性とデザインが両立

keyucaのゴミ箱は形がシンプルで余計な装飾がありません。直方体に近い形で、シンプルかつおしゃれ。
直線的なデザインは収納性が高く、実用性とデザイン性が両立しています。

KEYUCA(ケユカ) arrots ダストボックス 観音開き ゴミ箱 2つ並べた所

我が家は2台セットで購入。
左側を燃えるゴミ、右側をペットボトルゴミにして使っています。

上品なホワイトの外観でキッチンにもマッチします。

keyucaのHP限定でブラックもラインナップされています。
シックなキッチンであれば、こちらのHP限定色が合いそうですね。

KEYUCA オンラインショップ/アイテム / WEB限定 arrots ダストボックス ゴミ箱 27L ブラック / WEB限定 arrots ダストボックス ゴミ箱 27L ブラック
関東を中心に50店舗以上を展開するインテリ&#1245...

KEYUCA(ケユカ) arrots ダストボックス 観音開き ゴミ箱 ブラック

出典;keyuca オンラインショップ

 

絶妙なサイズと実用的な容量

寸法、容量

幅220mm、奥行410mm、高さ500mm(フタ開口時高さ600mm
容量27L

KEYUCA(ケユカ) arrots ダストボックス 観音開き ゴミ箱 正面と側面と。

フタの高さが低いため、実用的な容量を確保できました。

KEYUCA(ケユカ) arrots ダストボックス 観音開き ゴミ箱 フタも全開に出来ます

keyuca arrots フタも全開に出来ます

フタを開けたところの写真ですが、ゴミ箱上の空間にムダなくピッタリ収まってます。

食器棚とゴミ箱の間ですが、我が家では120mmあります。
フタの幅で100mmの高さは確保できるため、ゴミを捨てるには十分な高さとなります。
ムダのない設計ですね!

袋交換にも技あり。後輪キャスターやゴミ袋収納ケースもあり

便利な後輪キャスター付き。
ゴミ袋交換には引き出せるので、作業もラクラク。

KEYUCA(ケユカ) arrots ダストボックス 観音開き ゴミ箱 とっても軽いキャスター

ゴミ袋はクロムメッキスチールの袋留めでひっかけます。

袋止めの凹凸が複数あるので分別ゴミ箱として使うことも出来ます。

PVC製の予備のゴミ袋収納ケースもあるので、交換作業もスムーズに行えます。

KEYUCA(ケユカ) arrots_ゴミ袋収納スペース

arrots_袋留めとゴミ袋収納スペース

見た目重視ならメーカーオプションもあり。ただし使い勝手に難あり。

キッチンメーカーからは、各社ともにメーカーオプションでダストボックス収納ワゴンがラインナップされています。流石の純正品のため、統一感はカンペキ。見た目重視なら最有力です。

ただし、使い勝手に難あり。
引き出して、ボタンを押して、ゴミを入れて、戻す。
ゴミ捨てに4アクションかかるので、使い勝手と見た目がトレードオフになります。

1ヶ月使ってみて分かった気になるところ。

実際に使ってみて分かったことをまとめます。

良かったところ

食器棚下の空間は直線で区切られているため、ほぼ直方体のデザインとしっくりきます。

食器棚とゴミ箱間が100mm以上あるので、普段のゴミ捨てに十分な高さ。引き出すことなくスムーズなゴミ捨てができてます。

想像よりも良かったところ

ひとつめはゴミ箱の移動しやすさ。後輪キャスターの滑りが良く、ゴミ箱のバランスも良いのでかるーい力で引き出せます!以前も別の後輪キャスター式を使っていましたが、移動のしやすさにはちょっと感動もの。
食器棚下から引き出す使い方になるので、好感度が上がりました。

ふたつめは、におい漏れが気にならないこと。観音開きのフタにはパッキンが無いため少し心配でしたが、使ってみて気になることはありませんでした。
生ゴミ等は生ゴミ入れに小さいビニール袋に入れて口を閉じてから捨てていることもありますが、この使い方ならにおいが気になることはなさそうです。

生ゴミ入れはこちらの記事で紹介しています。

生ごみ入れはおしゃれに蓋付き。カリプソ コンテナーを導入しました。
ロスティメパル コンテナー 「Calypso(カリプソ)」をは使い勝手とデザインが両立した生ゴミ入れ。 料理をすれば生ゴミは発生するもの。デザインだけでなく、フタが出来て、ゴミが捨てやすいといった使い勝手も重要です。

気になるところ

気になるところはサイズに余裕感が無いこと。容量は27Lですが、普段使いでは十分足りますが、来客等でゴミが増えた週は溢れてしまうこともありました。
日頃からゴミの量が多いご家庭で40Lを使っているようならば、このサイズだと毎週溢れてしまうと思います。その場合、ゴミ箱を2台用意するのも対策になると思います。

逆にこのことから良い影響、気付きもありました。27Lに収めるようにゴミの捨て方に気をつかうようになりました。ちょっとしたことですが、ゴミをまとめて捨てたり、そもそもゴミが出ないような買い物にしたりと気にするようになりました。エコですね!

まとめ

ここまでkeyuca「arrots ダストボックス」の特徴を紹介しました。
ペダル式のゴミ箱にしたいけど収納場所の関係で諦めてしまっていた、そんな人にはこのゴミ箱が向いていると思いますよ。

  • ゴミ箱はペダル式!これだけは譲れない
  • 食器棚やシンク下に高さ600mmのスペースがある
  • シンプルでおしゃれなゴミ箱がいい!

 

 

 

キッチンの収納改善記事まとめはこちらで紹介しています。

キッチン&パントリー収納を使いやすくした方法7選【全体像】
一戸建てに引っ越しました。 キッチンやパントリーですが、以前使っていた収納やゴミ箱を使いまわしていました。 心地よい生活をするため、変更していったカ所を紹介します。 キッチン&パントリー収納を使い易くした方法 キッチン&パントリ...
ブログ村登録しました よければクリックをお願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ
Manya

生活を心地よくするため、
モノを購入するときは吟味してから購入します。
吟味したからには愛着がある、そんなモノたちを紹介しています。

Manyaをフォローする
整理整頓キッチンPICK UP
スポンサーリンク
manya@home