パントリー収納改善第一弾!100均+無印良品で見た目すっきり。

pantry_improvement 整理整頓

パントリー収納はその収納力の高さからついついモノを買い込み&詰め込んでしまいませんか?
収納ケースを使っても入りきらずに床置きされていたり、はみ出ていたり。収納ケースが統一されていないためバラバラな印象だったり。

我が家の収納も見直すと改善ポイントがたくさんみつかりました。
今回は、パントリー収納の改善に向けた内容を紹介します。

まずは問題点の洗い出しから

改善する前の状態の棚全体像はこちら。

パントリー改善前状態(2018/09/23)

パントリー改善前状態(2018/09/23)

これだとわかりにくいので上下に2分割して、写真を取ったものを載せます。

改善前状態(2018/09/23) 左写真:上半分、右写真:下半分(上から4段目がどちらにも写っています)

パントリー収納寸法(内寸)

幅775mm×奥行275mm×高さ2080mm
棚で7分割されている

100均ケースをつかって分別しているものの、見直すとあちこち気になるところが出てきます。
ここから、問題点を整理すると次の5点が見つかりました。

  • 詰め込みすぎている(4段目料理本など)
  • 床に直置きの商品がある(7段目ビンなど)
  • ケースからはみ出している(4段目クッキングシート、ミトン、6段目缶詰)
  • 同じ種類のものが複数個所に置かれている(6段目、7段目ビンなど)
  • 色が雑な印象(1、3段目のピンクのケース、7段目のイエローの足台)

赤字が特に気になったところです。
一番気になるのは床への直置き。
見た目も悪くせっかくの収納も台無しですので、直置きはゼロを目指します。

次にケースからはみ出しているものがあること。
入れるものにマッチしたケースの組み合わせを選べばこういうことはなくなるハズ。
これも0を目指しましょう。

同じ種類のものが何カ所にも置かれているのは、収納が行き届いていないことの現れです。
収納する対象のサイズと量の分析が不十分なことが原因です。

改善前の問題点を洗い出せたので、それぞれに対して改善を行っていきます。

パントリー収納改善計画第一弾

最初にやること。それはパントリーのモノを全部出すこと。

入っていたモノ、すべて出しました。
中途半端に見直すより、一度ゼロから考えることで、新しい収納のアイデアが生まれたりします。

まずは頭の中をリセットする。

 

詰め込み過ぎている⇒モノを減らす

次に重要なことはモノを減らすことですね。
これは使う、必要だ、と思い込むと捨てにくいので、今使うか、少なくとも1か月以内に使うのかと期限を区切ると良いと思います。

減らせるものを探す。

  • 賞味期限切れ
  • 好みに合わず食べないもの
  • 使用頻度の低い料理本   などなど。

賞味期限切れは言わずもがな、
貰ったはいいけど、家族のだれも食べないもの・・・なんてものもありませんか?
残しておいても結局賞味期限が切れてしまうので、欲しい人にあげるのも手段です。

料理本もついつい増やしてしまいますが、何だかんだと参考にするのはいつも使っている本であったり。
捨てるのはちょっと、という場合は、押し入れ等目立たないところに移動してもいいですね。

季節もの(季節イベント関連)も減らせるもの。時期毎にケースを分けておいて、そっくり入れ替えて使う方法も便利でしょう。

床に直置きしない。無印良品「やわらかポリエチレンケース」できれいに収納。

床に置かれているものは、落とすと壊れるものや重いもの。液モノが多いです。
使用中は冷蔵庫orキッチン引き戸内に置かれているため、床置きのものは未開封品です。

すぐに使わず、重たいものをメインなので、下段に置くものとしては適正です。
低い位置にあるため、ほこり対策もしっかりしたいもの。
フタもできる無印良品「やわらかポリエチレンケース」を導入しました。

無印良品「やわらかポリエチレンケース」は棚整理の強い味方。ハーフ大がキッチン用途にマッチ。
「やわらかポリエチレンケース ハーフ・大」を使ってパントリー収納を改善しました。 この記事ではサイズや実際にどんなものが入るのかまとめています。

サイズが豊富なので、稼働棚との相性もばっちりでした。

入れるものからケースのサイズを考える

料理に使われるカレールーやcookDo等の箱もの、袋もの

料理に使われるカレールーやcookDo等の箱もの、袋もののサイズを測りました。

横幅商品名、シリーズ名
100mm

・カレールー(箱)・シチュールー(箱)

120mm

・カレールー(袋)・ふりかけ(袋タイプ)・CookDo(箱)

130mm

・フルーチェ(箱)・CookDo(箱)

140mm

・うちのごはん(袋)・チャーハンのもと(袋)・モランボン 大皿おかず(袋)

おおむね140mmであり、中でも箱ものは130mm以内です。
そのため、内寸の横幅130~140mmのケースが使い易いサイズになります。

箱もの、袋もの食材には内寸横幅130~140mmのケースが使い易い

このサイズは100均にも各種そろっており、無印良品「やわらかポリエチレンケース」のハーフシリーズも底辺の内寸でみると丁度良いサイズです。
100均ケースに上の写真の食材を入れてみました。

ダイソーの取っ手付きの「すっきり収納」や、セリアの「ウィンディ」シリーズにも内寸横幅130mmに対応しているタイプがあります。
箱もの、袋ものの使用頻度によって、この横幅のケース使用数を調整すると良いですね。

カレールーをたくさん使い分ける方には、幅100mmを別途用意するのも良さそうです。

パントリー収納改善計画第一弾結果発表

以上の改善計画をもとに、パントリーの中身を床に並べて整理しました。

パントリーの中身を床に並べて整理中の写真

ケースごと床に並べる方法は次のメリットがありました。

  • どこに何が入っているか一望できる
  • 重複が見つけやすい
  • ケースごとの位置入れ替えがカンタン

おかげで、効率よく中身の整理ができました。

整理後、棚に戻したところはこちら。

きれいに収納されたパントリーの写真

上下に分割も同じように載せます。

見た目もごちゃつき感や色のちぐはぐさがだいぶ抑えられました。

改善効果を6点まとめました。

  • 詰め込み過ぎが改善(4段目料理本)
  • 床への直置きが無く、2段式にしたことで7段目を立体的に使えている
  • 入れるものに合わせてケースを入れ替えたので、はみ出しが無い。
  • 種類毎に再分別されたので探しやすくなった
  • 白基調に統一され見た目もだいぶすっきりした
  • ピンクケースを1つのみに削減し、差し色効果を狙った
今回のポイントは、あえて3段目左のみピンクのケースを残しているところ。
このケースには子供向けのお菓子がまとまっています。
そのため、使いやすさを優先し、なおかつ差し色としてワンポイントにしました。

ここまでが、第一弾のパントリー収納改善結果となります。

この状態で使ってみて、次の問題点がまとまったら、第二弾を実施したいと思います。

キッチン&パントリー収納を使いやすくした方法7選【全体像】
一戸建てに引っ越しました。 キッチンやパントリーですが、以前使っていた収納やゴミ箱を使いまわしていました。 心地よい生活をするため、変更していったカ所を紹介します。 キッチン&パントリー収納を使い易くした方法 キッチン&パントリ...
ブログ村登録しました よければクリックをお願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ
Manya

生活を心地よくするため、
モノを購入するときは吟味してから購入します。
吟味したからには愛着がある、そんなモノたちを紹介しています。

Manyaをフォローする
整理整頓キッチン
スポンサーリンク
manya@home